チャットレディは女性全員におすすめできる副業!

本業を持っている女性はチャットレディが副業に最適

このページでは、チャットレディは女性のお仕事としてとてもメリットが多いと言うことについて解説していきたいと思います。

最近は全体的に副業をやっている人口が増えていますが、女性も副業を探したり実際にやったりしている人が増えています。株式投資やアフィリエイトなどが代表的なものではないでしょうか。

暗号通貨とか仮想通貨なんて呼ばれているものもありますが、あれは投機に近い投資商品なので、生半可な気持ちで手を出すと大やけどしてしまう可能性もあるので、あまり素人は近寄らない方がいいですよね。

女性が出来そうな副業はポイントサイトの入力だったり、データ入力だったりというものがありますが、時給が安くて全然稼げません。

チャットレディはこういった内職的なものと比べると圧倒的に稼ぎやすく、その他のメリットもあふれているので、女性で副業を求めている人はぜひ一度やってみるべきだと思います。

チャットレディは副業を探している女性にぴったりの職業で、本業を持っていたとしても隙間時間で稼働出来る職業です。

最近では大企業でも副業解禁して、逆に会社の賃金を下げているところもあるくらいですが、会社にばれずにチャットレディをする場合はどういう策を講じればいいのでしょうか。

副業としての収入がほしいけど、会社にばれるのはまずいという女性は多いのではないでしょうか。そのための対策を解説しているのでぜひ読んで実践してみてください。

チャットレディは副業に最適!

チャットレディは難しいことが何一つない

チャットレディは女性なら誰にでもできます。パソコンが苦手な人でもスマホ一台でもできますし、パソコンで仮にやるとしても超簡単な操作しかありません。

チャットレディとしての稼働方法はめちゃくちゃ簡単です。まずチャットレディのサイトにログインして、次にチャット開始ボタンをクリックします。待機中になったら、男性ユーザーがチャットやメールをしてきてくれるのを待つだけです。

たったこのくらいでチャットレディとして働けてお金を稼げちゃいます♪大手の優良サイトならなおのこと使いやすいサイト設計になっていますし、使い方マニュアルも完備されています♪

通勤チャットレディとして代理店に登録した場合は、チャットルームを使って、常駐スタッフにわからないことを何でも聞けるのでもっと簡単にお仕事出来ます。

すぐにお金がもらえる

今月はいろんなものを買ってしまったからお金が足りなくなってしまったとか、ほしいものが多すぎてもっと稼ぎたいとか、副業がしたい理由には様々なものがあります。

なぜ皆さんはそもそもチャットレディをやってみようと思ったのでしょうか。即金がほしかったり、現在の昼の仕事の給料が安かったりしたからだと思います。

ライブチャットというのは、大手の優良な有名どころだけではなく、どこのサイトも日払いに対応しているくらいです。

ライブチャットに直接登録している人は振り込みが多いですが、代理店の場合は現金でもらえるところもあります。

その日に稼いだ報酬額がその日にもらえる仕事なんて、他にないですよね♪これだけ利便性がたかいバイトは他にありません♪

サポートスタッフがわからないことすべて教えてくれる

在宅チャットレディでも通勤でも、サポートセンターや常駐スタッフからいろいろな助言をもらったりできます。わからないことでもなんでも聞いてOKです。

在宅チャットレディだったらメールや電話で教えてもらえますが、通勤チャットレディの場合はその場にいるスタッフにその場で教えてもらえるのでとてもリアルタイム性があります。

在宅チャットレディでも大手のライブチャットサイトならサポートデスクが充実しているので、聞いたことは何でもすぐ答えてくれます。通勤チャットレディほどの即効性はないと思いますが、それでもかなりはやく返信がかえってきます。

他には、チャットレディの代理店だとプロフィールの反応率が高い書き方を教えてくれたり、男性ユーザーが反応しやすい画像の取り方などを教えてくれたりもします。

初期投資などが必要ない

チャットレディは他の投資や在宅ワークなどと違って、頭金や初期費用などが全くかからないのもいいところです。

パソコンがあればパソコンでチャットレディをやってもいいですが、スマホでもチャットレディは難なく稼働することが可能なので、今時スマホをもっていない女性はいないでしょうから、スマホ一台で裸一貫で働くことができます♪

チャットレディは登録料なんてのも一切かかりません。年会費などもありませんし、チャットルームの使用料などもかかりません。

チャットレディ代理店にはチャットルームというチャットをする専用の事務所が用意されていますが、そこにはウィッグや衣装なども無料で貸し出しをしているので、ほんとにすべてが無料でお仕事が可能になっています。

男性に触れることがない

チャットレディが女性の副業として人気を集めている理由の一つに、肉体的な負担がないというところです。たとえばキャバクラやファッションヘルスなどは男性とどうしても対面で物理的に何かをしなければなりませんが、チャットレディはバーチャル空間でやりとりをしているので、気軽に男性とやりとりをすることができます。

風俗みたいに過酷な接客や、キャバクラみたいなアルコールの摂取などは一切必要なく気楽に働けて収入をアップ出来ます♪

どのタイミングでもOK!

チャットレディはライブチャットが存在している限りいつでも働くことが可能です!24時間チャットサイトはやっているので、もちろん男性客の入りは少なくなるかもしれませんが、いつでも稼働可能なんです。

スマホ一台があればネットに接続さえしておけば、外でも働くことができるので、ここまで自由な職業は副業以外だとしても他にはないと思います。

在宅勤務ばかりやってきて飽きてきたら代理店のチャットルームに通勤してみたりすれば飽きずにコツコツ続けられると思います♪

身バレや顔バレの危険性

チャットレディを顔出しありでやっていると家族や知人や友人にバレてしまうのではないかというのがあります。

チャットレディの顔バレに抵抗があるひとは、何がいやと言うよりは単純にバレるのがいやだと思います。

知り合いなどがもしライブチャットをやっていて、顔バレしてしまう可能性は小さくはできても完全にゼロにすることはできませんが、そもそも知り合いがあなたの登録しているライブチャットに登録する確率なんてほぼゼロに近いです。

副業がばれないか?

チャットレディというお仕事は副業に最適な仕事ですが、今現在働いている会社にばれてしまわないかと不安に思っている人もいるかと思います。

本業と兼業でチャットレディなどの副業的な仕事が、会社にばれてしまう要因としては、年末調整で住民税が会社の分と他にあった場合にバレやすいといわれています。

本業をやっている会社というのは、個人個人に給料を支払った場合は、その従業員が住んでいる自治体に対して、いくら払ったかという報告書を提出することが義務づけられています。

副業で働いている場合は、パートでもアルバイトでも、従業員に支払った金額というのが自治体に報告する義務があります。

すべての会社から送られてきた支払い報告書を合計した税額をその個人の本業をやっている会社へ送付します。

決定された住民税の金額通知書というのは、一番稼いでいる会社、つまり本業の会社へと送られることになっています。チャットレディを副業にしていた場合は、チャットレディの報酬が本業の収入を上回らない限り、本業の会社に送られてしまいます。

各自治体から本業の会社に送られた、住民税の金額というのは、本業の会社から支払われた報酬から算出された住民税額と差異があれば当然副業がバレる可能性があります。

ですが、会社にばれないようにする方法も当然あります。それは特別徴収ではなく、普通徴収として住民税を納める場合です。

本業の会社にチャットレディをやっていることがバレないようにするためには、至極簡単です。住民税の通知書を自分が払えばいいのです!

普通徴収で住民税を納めることにより、住民税が自治体で合算されて、本業に送られることがないので、まずバレることはありません。

年間20万円以下で市町村税のみになる

副業の確定申告について調べていると、本業と兼業でやっている場合は、副業での年間の所得が20万円を超えなければ確定申告をしなくてもいいといわれていますが、これは所得税に対して限定です。

自分が住んでいる自治体に納める住民税は、副業の所得が20万円以下でも納める必要があります。

自分が住んでいる各自治体に支払う住民税は、毎年確定申告の時に普通徴収で申告することにより、本業の会社にばれない方法です。

年間20万円以上で普通徴収

チャットレディをやって副業で20万円以上稼いだ時は、確定申告をするときに普通徴収に設定するだけで会社にばれることはありません。

毎年2月中旬から始まる確定申告のタイミングでおこなうことにより、本業の会社ではなく市町村に住民税を通知することができます。

チャットレディなどの副収入を自分で確定申告することにより、自治体から会社を通さずに直接納税通知書が送られてくるので、自分で一年分の住民税を納めることが可能です。

普通徴収が認められないとき

ですが、住んでいる市町村によっては、住民税を普通徴収として取り扱ってくれないところもあります。ですが、これは「給料」という形で受け取っているパートやアルバイトの場合のみです。

チャットレディというのは、他のバイトなどとは一線を画す職業で、ライブチャットサイトや代理店などの会社と雇用関係があるわけではないのです。

チャットレディがもらっている報酬というのは、給与という形をとっているわけではありません。普通徴収は給与収入に対してできないだけなので、チャットレディの報酬にはこの項目はあてはまりませんので、普通徴収で住民税を納めることが可能なんです。

住んでいる市町村によっては、給与収入だろうが、報酬だろうが、すべて特別徴収にするべきだとの考え方で推し進めているところもあります。

確定申告をするときに、チャットレディの報酬を本業の会社にばれないように、普通徴収にしたのになぜか特別徴収になっていると言うこともないこともないので、心配な人は市町村に確認しましょう。

ここまでお読みいただいて、女性に人気がある副業としてチャットレディがどれだけメリットにあふれているかをわかっていただけたと思います。

チャットレディが副業で、本業の会社にばれずに稼ぎ続けていきたいというひとは、ぜひ当ページの知識を活用して、うまいこと会社にばれずにチャットレディとして活躍していきましょう!

↑ PAGE TOP